MENU

デパスやジェネリックのエチゾラム・エチラームは通販や個人輸入で買えるの?

デパスやデパスのジェネリックのエチゾラム、エチラームが通販や個人輸入で買えなくなりました。

 

 

困っている方も多いのではないでしょうか。

 

エチラームもエチゾラムもデパスのジェネリックで精神安定剤、抗不安薬として医師が処方する薬でとても認知度が高く人気の薬です。

 

いつも服用している方なら定期的に通うのは面倒に感じる事でしょう。

 

 

以前は通販でネットで簡単に購入できたので病院に通院する手間を省けました。

 

しかし2016年に法律が変わり、デパスとその同じ成分のジェネリックであるエチゾラム、エチラームが個人輸入が出来なくなってしまいました。

 

デパスが向精神薬になってしまったためです。

 

この時に向精神薬に指定されたのは

 

  • ゾピクロン配合:アモバン、アモバンテス、スローハイム、ゾピクール
  • エチゾラム配合:デパス、エチラーム

 

などがあります。

 

当サイトではデパス、そのジェネリックのエチラーム、エチゾラムに似た作用のある代わりとしてのお薬をご紹介したいと思います。

 

 

不眠解消したい・デパスのジェネリック・エチゾラム・エチラームの代わりはルネスタが人気です

 

デパスやジェネリックのエチゾラムやエチラームが通販、個人輸入で買えないので他の薬を希望する人は多く、代わりの薬してルネスタのジェネリックを選ぶ人が多くなっています。

 

デパス、デパスのジェネリック、エチゾラム、エチラームの代替えとしてルネスタがなぜ多くの人に服用されているのかをご説明したいと思います。

 

ルネスタは非ベンゾジアゼピンの睡眠薬アモバンを改良した薬です

 

アモバン特有の苦みを抑え、作用時間は4〜5時間というのが特徴です。

 

ルネスタの成分であるエスゾピクロンが体への影響が少ないメリットがあり人気のあるお薬なのです。

 

エスゾピクロンは成分でルネスタがその製品名となります。

 

ルネスタを個人輸入で買うならジェネリックが安くておすすめです。

 

エスゾピクロンは個人輸入出来るお薬ですので合法ですのでご安心下さい。

 

デパスやジェネリックのエチゾラム、エチラームを服用していたならばルネスタは効果的です。

 

睡眠薬としてデパスやエチラームを服用していた輩においてルネスタはとても効果を発揮します。

 

ルネスタはデパスやジェネリックに比べ依存性がほぼ無いと言われており、安全性を重視したい方にもおすすめです。

 

精神的に落ち着きたい・デパスやジェネリックの代替としてバスパーもあります

 

抗不安薬としてデパスやジェネリックを服用していた方にバスパーも人気です。

 

バスパーは非ベンゾジアゼピン系で抗不安薬としても使用されています。

 

リラックス出来る作用がありますし、不眠の方にも効果があるのでデパスやジェネリックの代替えとして購入されています。

 

抗不安薬として効果が欲しいならバスパー、ジェネリックではバスピン、バスポン
睡眠薬の効果が欲しいならルネスタ、ジェネリックではフルナイト

 

を選ぶといいです。

 

デパスとエチゾラム、エチラームなどジェネリックの代替薬

 

 

 

 

>>バスピン(バスパージェネリック)

 

バスピンはバスパーのジェネリックでお安く購入する事が可能です。
ブスピロンが主成分で非ベンゾジアゼピン系の抗心配薬です。

 

うつや不眠症に効果があり気持ちが安定する事が出来ます。

 

パニック症候群でデパスやジェネリックがどうしても手放せない人に適しています。

 

 

 

 

 

>>バスポン(バスパージェネリック)

 

バスポンもバスパーのジェネリックなのでお安いですがバスポンよりおバスピンの方が1錠の値段は安いです。

 

まずは試してみたい、1瓶で少ない錠数がいいという方ならばバスポンは50錠入りがあるのでバスポンを選ぶといいでしょう。

 

 

 

 

 

>>フルナイト(ルネスタのジェネリック)

 

デパスやジェネリックのエチゾラム・エチラームは睡眠薬として服用している方もたくさんいます。
フルナイトはルネスタのジェネリックでルネスタはアモバンを改良していて苦みを軽減させています。

 

 

 

デパスやジェネリックがネットで買えずにお困りなら、上記のお薬を検討してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトは正規品100パーセントの個人輸入業者をご紹介しています。
安心して服用したい方はご覧下さい。

 

向精神薬とは

 

向精神薬と抗精神病薬という言葉がありなかなか理解が難しいです。

 

ここでは向精神薬についてご説明していきます。

 

向精神薬は脳に作用する薬です。

 

抗うつ剤、麻酔、抗不安剤、鎮静催眠剤など、精神科やメンタルクリニックで扱われる薬も含まれます。

 

広い意味では乱用になりやすいアルコールやニコチン、またカフェインも向精神薬に含まれます。

 

法律的に許されない覚せい剤や麻薬も精神に影響を大きく与えるので向精神薬です。

 

【デパス、デパスのジェネリックのエチゾラム、エチラーム以外で個人輸入で購入するなら何がいいのか】

 

デパスもそのジェネリックも以前は個人輸入で買う人はとても多かったです。

 

ですが残念ですが今は法律的に買う事は出来ません。

 

どうしても欲しいならば外来受診すればいいのですが病院を受診するのはとても時間がかかります。

 

往復の時間、診察の待ち時間、薬が処方されるまでの時間、半日から1日がかりです。

 

一度個人輸入で買う事を覚えてしまうとなかなか受診しようという気持ちにはならないのではないでしょうか。

 

デパスとは違う成分ですが、似ている効果のある個人輸入で買える薬を紹介しています。

 

通販・輸入代行で安定剤を買うメリットって何?

 

通販、個人輸入で薬を買うメリットをご紹介します。

 

日本では安定剤は病院受診して処方されます。

 

大抵の方は最初はメンタルクリニック、精神科で処方されますね。

 

日本は薬に関しての法律が厳しく海外では当たり前の様にドラッグストアや薬局で買えるものが日本では簡単に買えないものがとても多いです。

 

海外では自分の症状から合う薬を自分で選びドラッグストアで購入する仕組みになっています。

 

なので日本では睡眠薬、安定剤を服用する為に病院に行かなければなりません。

 

私達は日本で暮らしているので病院に行くのを当然だと感じていますが、個人輸入代行業者を使えば海外で当たり前の様に購入出来る薬を日本でも買う事が出来るのです。

 

病院受診のために長い時間を使わなくてもいいですので面倒に感じなくても薬を手に入れる事が可能です。

 

エチゾラムのODと依存症

 

お薬は決められた量を守るのが基本です。

 

ですが精神的に不安定な状態であればOD(オーバードーズ)してしまう人もいるのは確かです。

 

薬を飲めば心が安定するんだ、という事を知ってしまうともっと飲みたい気持ちになってしまいます。

 

少し揺らいだら飲み、また不安定になると飲み、となると段々常習してしまいます。

 

デパスにはベンゾジアゼピン系不安薬で依存性もあるので、精神的に不安定でもたくさんの量を飲めば体への害もあるので今服用している方は絶対量を守って服用してください。

 

さてデパス、ジェネリックのエチゾラム、エチラームをODしてしまった場合どうなるのでしょうか?

 

デパスのODで致死量に達するのは1万から2万錠なのでODで致死量に達するのは難しく、死亡のリスクは低いでしょう。

 

ですが大量の摂取は体に害を及ぼしますし、他の薬を飲んでいれば危険な状態になる事も考えらえます。

 

心の安定のためにとたくさん服用するのは逆に不健康な事で、自分を痛めつける事になるので本当にやめましょう。

 

デパス・ジェネリックの副作用・飲み方

 

デパスやそのジェネリックには抗不安薬として効果がありますが、副作用もあるので覚えておきましょう。

 

デパスやジェネリックは依存性が高い事が挙げられます。

 

デパスを飲む事で心が安定するので、切れてくるとまた飲みたくなります。

 

すると飲まないでいると不安を感じてしまい、飲まずにいられなくなってしまうのです。

 

デパスが効いていると心が安定して安心だと感じてしまうと自己判断で量を増やしてしまいます。

 

デパスには依存性があるので服用するなら依存症にならないように注意しておく必要があります。

 

また、デパスを服用すると眠気、ふらつき、体のだるさを感じると言う事もあります。

 

体のだるさが強ければ日常生活に支障をきたしますので用量を減らす事が必要です。

 

デパスを高齢者の方が服用すると認知症になるというデータもあるので安易にデパスを服用を続けるのは避けたい物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エチラームの機能時間という半減期

 

エチラームの機能時間って半減期についてですが、付与封書には、「エチラーム2mgを食後半に経口投与した場合、理解は良好で、ベスト血漿当事者濃度は約3時間後に得られ、血漿当事者濃度の半減期は約6時間であった」との登記があることから、服用して約3時間で効果が一番出ると考えられ、全身での薬のボリュームが半分になるまでに約6時間かかると読み取れます。

 

つまり、仮にエチラームを1回服用して22状況内に寝たシーン、翌朝7状況内には成果がほぼなくなっていると想定されます。このように繰り返し服用しないシーンを単回投与といいます。

 

一方、連続投与といって、毎日何回か続けて服用する場合も考えられます。
「気の病の例にエチラーム1mg錠を毎日3回食後半から1時間に連続経口投与した場合、投与開設以下7日、14日および28日瞳の血漿当事者濃度はざっと等しかった」との登記から、エチラーム毎日3回をウィークに渡ってキープ服用した場合は、全身での薬のボリュームが定常スピードとなることがわかります。

 

一般的に、薬の半減期の統計の約7ダブルの時間(歳月)が経過すると、血中薬物濃度は定常スピードとよばれる状態に到達するので、エチラームの場合ですと、42時間で定常状態に達すると考えられます。

 

その後は、ベスト血中薬物濃度といった最少血中薬物濃度との期間を専らアップダウンに変動するようになり、要するにずーっと薬が効いている状態になります。

 

 

エチラーム禁断症状にならないために気を付けるケースは

 

エチラームは精神安定剤の中ではそこそこ頼り性が乏しい薬ですが、誤ったやり方をしてしまうと禁断症状に陥ってしまいます。
禁断症状にならない為に気をつけたいことを説明していきます。

 

一層一日の投薬数を必ず守ることが大事です。
いまいち効果が感じられないからといって、勝手に投薬数を増やしてしまうと禁断症状に陥ってしまう可能性が高くなります。
焦らず気長な気持ちで治療していくことが重要です。

 

また、服用し始めてから体躯に乱調が起こったらとにかく医者に相談するようにしましょう。
乱調が起こったのに丸ごと使い続けるといった禁断症状になりやすく向かうだけでなく、別の病気になってしまうこともあります。
そのまま使い続けても大丈夫なのか、他に自分にあった薬はないか、といったことを医者に問い合わせください。

 

そうして精神安定剤トータルに当てはまることですが、「こういう薬がなければあなたは生きていけない」と思い込まないことも大事です。
エチラームは飽くまでも心理を正常に保つヘルプを通じてもらえる薬であって、心理が正常になってからは扱う必要はない薬なのです。
「今の自分に正にエチラームが必要なのか」といった絶えず企てるようにしましょう。

 

やっぱ禁断症状が不安な輩は、服用し始める前に医者に相談して見立てしてもらうのが律儀だ。